2011年2 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

最近のトラックバック

Powered by Typepad

« それは大正時代の帯:化上手銀蛍祝宴(寅祭) | メイン | 第73回多摩探検隊「『木版染め』をつなぐ」(2010年5月放送) »

2010/06/03

コメント

ぽっぽ

残布が多いときと少ないときと ありますね

でも振袖の袖と両方とるというのはどういうミラクル?

yuki-yu

振袖と通常袖と両方、というその発想と技術に感嘆でした。
振袖、袖切ればいいって簡単いうけど、柄の問題、気持ちの問題、ありますもの・・・

それにしても、一体どんな技なのか・・・!

yuka

むむむむぅぅ。確かに、そこまでの余り布は
出ませんよね。
反物の状態から特注で、特別な尺があったと
しか思えませんね!
華やかだけど、品のある素敵な振袖ですね。

yuki-yu

そうなんですよね~>余り布は出ない
反物は通常尺とのことなので、根本的に裁ちの見積もりが違うのか・・・まさにミラクルです!

色々な振袖がありましたが、総柄の振袖って珍しいので、すごく印象的でした♪

ひとみ

あら~素敵ですね。
私はついつい、衿が全く立たず奇麗に肩に沿っていることに目が行ってしまって。
どうしたらこんな風に奇麗に着付けられるのでしょう。
衣紋はどのくらい抜いていらっしゃるのかしら、衿芯はどんなの?補正はどんな風に?などなどめまぐるしく思いを巡らせてしまいました。
なで肩のyuki-yuさんのような方なら簡単にこのように着られるのでしょうけど。
私はなで肩ではなく衿が立ち気味なのが課題なのですが、この方のようにピタッと肩に沿うように着ることが憧れなんです。
すごく素敵~

yuki-yu

着付け師さんのウエストベルトテクニックで、綺麗に抜けるんですよ~。
補正はほとんどされなかったような記憶が。
実は私は体型の関係で、非常に衣紋が詰まりやすいんです・・・
毎回、これでもか!と抜いてます(爆)。

この時お願いした着付け師さんが出張ポイントレッスン(1回2~3人が上限)をされているので、
そのうちお願いしたいな~と願っております。

ひとみ

えーyuki-yuさんも詰まりやすいんですか?
なで肩な方は詰まりにくいんだと思っていました。
出張レッスンいいですね~

yuki-yu

そうなんですよ、胸があるので詰まりやすいそうです(爆)。

出張レッスン、問題は場所と日程なんですよね・・・
出来たら6人くらいで、2人ずつ交代で3組レッスンできたら一番なんですけれども(考)。

ひとみ

そうなんですか~
もし人数に余裕があったら誘って下さるとうれしいです。
フリーメアドのっけておきますね~ 

yuki-yu

ひとみさん、了解です!
メアドは個人情報なので編集で隠しておきました~(笑)

ひとみ

そうして下さるといいな~と思っていました。
お手間おかけしました。
ありがとうございます!

この記事へのコメントは終了しました。

Blog内検索

  • Blog内検索

着付けの教科書

着物生活

Twitter

  • Twitter