« 楽しい着物を探求中 | メイン | こだわりの逸品 »

2006/04/12

コメント

かおる

私、恥ずかしながら今更このニュース知りました。へぇ~面白いですね、こういう話って他人事だと。こないだ京都出身の方が「京都はいつだって兄弟喧嘩して分裂している」みたいな事言っていたのですが、こういう話だったんですね。

でも日本ってイイ国じゃないですか、すぐに”金で何でも手に入れる事が出来るはずがない”騒動になって。ライブドアのフジテレビ買収事件だって古典的な”金で全て~”系の騒動ですよね。正直、庶民レベルではフジテレビ側には同情していないと思いますが。

それにしても、長男さん側の弁護士さんってあまり賢くないのでは?と思いました。物作っている本人達と喧嘩して勝ったって経営者は得な事無いのが第三者には見えるはずでは?経営権は長男に譲るとしても、工場担当として三男を上手に扱うことだって出来るはずですよ~。次男はコンプレ担当でいいんですよ。(はい、主観入りましたー)
今回の事で、職人の団結力が強まって新しいお店は活気付いているだろうなぁ。いいなぁ~分裂するほど物づくりで資産作りたいなぁ…

yuki_yu

かおる先生、こんにちは[はあと]
週末はおたべを持ってうかがいます(笑)。

京都は兄弟闘争が多いのですか!?
伝統あるお店は、その資産ゆえにれんを争うこと
にもなりやすいのでしょうか・・・

あの怪しげな遺言書を盾に最高裁で勝てたと
いうことは、裁判では腕のいい弁護士だったと
思いますが、
会社とか経営には理解のない人物だったの
かもしれませんね(勝てばいい、みたいな)。
新経営陣は今になって三男氏を呼び戻そうと
しているようですが、
兄弟だからといってそう簡単に心のしこりが
消えるとも思えないし・・・

物づくりって奥が深い・・・と思いました。
和裁の世界も正に職人!な世界ですよね[!]

この記事へのコメントは終了しました。

2013年4 月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Twitter

  • Twitter

本のことなど