2011年2 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

最近のトラックバック

Powered by Typepad

« 課題図書 | メイン | CHAI着物の世界 その2 »

2006/11/27

コメント

ちょん

ソッコー顔出し&コメント!ww

おお~ついにCHAIさんのリアルショップが明らかに・・・!!
実物(特に中身?)を手にとって見てみたい~~
この二部式は着付けに必要な紐の類が不要なんだっけ?
着付けが決まらない・もっと簡単に着たい・息苦しい等の悩み解消はもちろんだけど、そうと分かるデザインじゃないところがいいよね~[♪]
物作りをする人はみんな「こんなの欲しい」がスタートだと思うんだけど、
素材・デザインに改良を加えつつ最初のアイディアや信念を貫けるって凄いことだと思います。
まして商品化~ファンの定着となると・・・
すごいなーCHAIさん。
こういうプロの仕事を目の当たりにすると(実際は見た事ないけど・・・[だらだら]w)、
私の手作りなんて趣味の範囲だとしみじみ感じずにはいられないんですが、ワクワクしますね~。
七緒に掲載かー。
久々に買おうかな[♪]

yuki_yu

ちょんさん、こんにちはっ[♪]

ちょんさんがじかに見たらもっといろいろわかるんだろうな~!
あまり細部をカメラに収めるのが憚られ[あせっ]、外観だけなのですが(役立たずですいません・・・)、着付け小物は一切いらず、おはしょりも簡単につくれる仕組み。
下を巻きスカートのように鍵ホックで留めたら、普通のキモノのようにシワを脇に寄せられるように工夫がされていたり・・・
ご本人のお着物をお借りして試着させていただいたとき、「普通のキモノでもここまで綺麗に着れた事ない!」って感じでした(笑)。

>物作りをする人はみんな「こんなの欲しい」がスタートだと思うんだけど、
>素材・デザインに改良を加えつつ最初のアイディアや>信念を貫けるって凄いことだと思います。

そうそう、まさにそんな思いの凝縮した産物を目の当たりにしたインパクトで[!]
私が和裁を習っているせいもあって、ついついお話がマニアックな構造の方にいってしまって(剣先の角度がどうの、衿流れ丈がどうのと・・・)、山ほど試作品を作り、今のデザインに到達するまでに3年もかかったと聞いた時には頭の下がる思いでした。

>まして商品化~ファンの定着となると・・・

根強いファンが増えているのが頷けるお品とお人柄。
商品化や展開についても、すごくマーケティング視点がしっかりされていて、その点でもすごく印象深かったです。

七緒、扱いは小さいのでは、とおっしゃっていましたが、さてさてどうでしょう・・・
あのお店やお品がどんな風に扱われるのか、楽しみです[笑顔]

teresa22

ただいまです~~
久しぶりに訪問できた・・と思ったら
素晴らしいレポが・・・!
これは何部作かに分かれるのが納得できます!

着物にどっぷりはまる前、時々思い出しては着たいと思いつつも自信がなく、海外留学も夢見ていた頃、こんな着物を探していました。
二部式着物を見てみたけど、なんか普通と違うし・・そうじゃなくて着物と同じに見えて簡単で着付けいらずで・・・!と考えて、どっかであったはず~と探したのですが見つからず・・
もしかしてこの方の初期の作品だったのか!?と思いました。

着付けの難しいポイントをピンポイントで集中攻撃してつぶしてあるような感じです。
すごいです。この熱意が。

あ~見に行きたいなぁ~
七緒に掲載されたら最後、問い合わせ爆発で品物がなくなっちゃいますよ~[ずーん]

大人の厳選された素材ってとこがまたいいんですよね~実際に手にとってみたい・・[はあと]

yuki_yu

teresa22さん、お帰りなさい~[はあと]

そうなんです!
「もしこんなのがあったら・・・」
という痒いところに手が届く、
若い(笑)着物ファンが一度は夢想したであろうキモノの形を実現させてしまった!みたいな印象です。

本当に、ご本人の熱意と継続力の賜物ですよね・・・
ちなみに、このカシミアのショールは昨日旅立たれたと、mixiコミュで教えていただきました。
素敵だった~[はーとぶれいく]

素材は、クオリティに定評のあるイタリア生地が中心。気に入った、質の高い布があったら、キモノにする・・・って感じだそうです[♪]

teresaさんやちょんさんと一緒にお店にいったら、もっと楽しかったろうな~[♪]

この記事へのコメントは終了しました。

Blog内検索

  • Blog内検索

着付けの教科書

着物生活

Twitter

  • Twitter