2011年2 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

最近のトラックバック

Powered by Typepad

« 今日の星占い | メイン | 藤本さんの猫の帯 »

2009/11/24

コメント

はなもよう

2009年の記事を今覗かせていただいています。
私も丹波布を織る工人として、締めやすいの評価を
うれしく読ませていただきました。

問屋さんは「三角の頂点の織物やさかい、売れへんようにはなりまへん。どうぞ、ゆっくり、織っとおくんなはれ。」とおっしゃいますが、ほんとに、おしゃれな方がいらっしゃるのだとうれしくなりました。これからも、
じっくり、丁寧に織っていきたいと思います。
ありがとう、ございました。

yuki-yu

はなもようさま、初めまして!
コメントありがとうございます。

「三角の頂点の織物」という表現にしびれました。
この丹波布の帯をしていて、ある知る人ぞ知る呉服屋さんを訪れた際に、
「それ、丹波布ですよね、見せていただけますか?」
と帯に人だかりが出来たことがありました。
私なんて、見ただけでそれが何かなどとてもわからないのですが、
見る人が見ればわかり、
またわざわざ近寄って触ってみたくなるほどの織物なのだと、
とても驚いて嬉しかったのを覚えています。

私にとって一生ものの大事な大事な帯です。
今後、また着物生活の中で素敵な丹波布に出会えるのを楽しみにしております!

えいこ

丹波布の帯がぜひ欲しいとおもっているものです。但し何とか安くてにはいらないかと探しています。丹波布伝承館にも帯地が少しあるとのことなので行ってみようかと考えたりしています。リサイクルなどでご存知のものがあれば価格など教えてください。

yuki-yu

えいこさま、初めまして。
丹波布、私もお友達が持っていたので初めて知り、
これまで銀座むら田さん以外で見たことがないのです。
アンティークで見かけたこともなくて…
お役に立てず、申し訳ございません。
私の持っている帯の中では、(木綿なのに!)2番めに高価な
帯です、丹波布…!

この記事へのコメントは終了しました。

Blog内検索

  • Blog内検索

着付けの教科書

着物生活

Twitter

  • Twitter