« 鋼で叶わなかった夢が叶う | メイン | 見る目に不安 »

ハガレンと死と

"ハガレンを読みながらずっと気になっていたことで、いよいよ10巻で、
やはりと確信したことがあります。
それは、ハガレンにおける「死」。

ヒューズ中佐を始め、主要なキャラが意外なほどあっさりと、
表舞台から消えていく。それはもう、あっけないほど。
彼らを翻弄する強大な力。生前のどんな権力や能力があれど、彼らには
等しくそれは訪れる。
鋼ならではの、独特の死の表現。

だから、うかうか安心してられないのです。
今月号のラストがもう、ショックでショックで(号泣)。
いや、でも、本当、最後までついていきます。

by 葵ミドリ@"

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a711a8c7970b0120a711ab72970b

Listed below are links to weblogs that reference ハガレンと死と:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。